当社は、データのバリアを打ち破り、健康関連の新たな経済市場を構築して、世界中のヘルスケアの向上を目指します。

Grapevine World は、健康データを安全、滑らかにやり取りできる分散化・ボーダレス化されたエコシステムであり、患者から製薬会社、介護事業者、保険者、研究者、技術者まで、健康業界のあらゆる関係者が関与する、新たなグローバル市場の基盤となります。

ブロックチェーンでパワーアップするヘルスケアの未来を共に担いましょう

私たちのICOは終わった。ご協力いただきありがとうございます。
  • Recommended by the EU

    EU から公式推薦を受けているテクノロジー

  • Austrian Financial Market Authority Austrian Financial Market Authority

    オーストリア金融市場機構(FMA)が承認

  • Live pilots with healthcare & tech giants

    ヘルスケアとハイテク大手で導入実績あり

  • Multiple Confirmed exchange listings

    複数の取引所で登録確定済み(ICO 直後に開示予定)

  • KPMG

    大手の税務・会計事務所と提携

我々は受け入れる: BTC ETH USD EUR Visa Mastercard LightCoin Metamask + 70 その他の通貨

当社のビジネス

arrow
arrow
Access
アクセス

あらゆるフィットネスと臨床健康データへのアクセスを提供します

Exchange
情報交換

健康データの安全かつシームレスなやり取りを可能にします

Utilize
活用

健康データを、研究目的でインフォームドコンセントに基づき、活用できるようにします

How we do it

当社の流儀

当社は、健康分野のあらゆる関係者(患者から、製薬会社、介護事業者、保険者、研究者、技術者まで)が関与する、分散化とボーダレス化の進んだエコシステムの推進を目指しています。この目標を達成するために、実績ある標準ベースの相互運用性(IHE:医療連携のための情報統合化)と革新的なブロックチェーン技術を組み合わせています。

Why we do it

当社の理念

当社は、世界中の人々の健康を総合的に向上させるという目標を掲げています。この目標を達成するためには、質の高い医療を提供することによって、総合的な患者エクスペリエンスを向上させることが不可欠であり、また、金銭的にも、患者及びヘルスケアシステムに関わる全ての関係者にとって、魅力的なものであるべきだと考えます。

IHE 標準規格
あらゆる健康データを最も効率的かつ安全な形でやり取り

IHE standarts IHE standarts

ブロックチェーン技術
Grapevine World Token およびあらゆる自動化処理、配分、出所明示機能を実用化


infographic

現在の問題とは

データフローが中断すると、ヘルスケアにも支障が生じます。現在ヘルスケア業会では、それぞれのデータとシステムが、多様で整合性及び連動性に欠けるという問題を抱えており、データにアクセス・使用し難いことが原因による遅延、誤診、処方ミスを引き起こしています。さらには死亡に結びつくケースまであります。

What is the problem?
background image

のソリューション

相互運用性(IHE)

当社の安全で標準化されたデータ交換レイヤーでは、旧

ブロックチェーン

利害関係者には自動的に(Grapevine World Token)が付与され

Grapevine World Solution

Phone

健康データのアクセスと管理を一元化

患者は場所や時間を問わず自分の健康データにアクセスできるため、データの自己管理ができます。データを完全匿名化でプライバシーを確保しつつ、共有相手、使用目的、明示的許可をケースごとに決められます。

ハイエンドな健康サービスにアクセス (例:パーソナルな医療分析)

患者データを使用する度、ブロックチェーンベースの仮想トークン(Grapevine World Token)が付与されます。 このトークンと引き換えに、製品やサービス(アプリ、ガジェット、医療アドバイス、介護など)を利用できます。Grapevine World Token は、取引所から直接購入することもできます。

infographic

MEDICAL RESEARCH 4.0 の導入

医療機関は、患者の同意を得て、従来アクセスできなかった貴重な大量データへのアクセスが可能となります。大学、製薬会社、ハイテク企業、医療機器メーカー、公共部門、医療サービス機関(HPO)は、研究、教育、ソフトウェア開発等、ありとあらゆる目的のために、データを調達できます。

infographic

 

患者の主なメリット

患者の主なメリット

医療データを管理

自分のデータを完全に自己管理できます。患者は、世界中どこにいても、時間を問わず自分のデータにアクセスすることができます。データの共有者も独断で決めることができます。また、情報を共有する度、Grapevine Token が付与されます。

<h3>医療従事者側</br>の主なメリット

医療従事者側
の主なメリット

健康関連のビッグデータ:利用方法

医療・介護機関は、研究、教育、臨床試験、フィットネス報奨プログラム、その他あらゆる健康関連プロジェクトのための利用目的であれば、従来、入手できなかったデータにもアクセスできるようになり、最終的に万人のヘルスケア向上につながります。

Grapevine for everybody

全員の主なメリット

新しい健康エコノミー

Grapevine Token を用い、医療サービスや医薬品を購入できる他、専門家への相談、継続的介護、フィットネスアプリ、ガジェット、その他多くの健康関連サービスの購入が可能になり、ヘルスケア分野で新しい選択肢が生まれます。


リアルタイムで健康情報をやり取り 世界各地で GRAPEVINE WORLD を構築中…

以下の地図では、医療・介護組織同士が連携をはかるために、 IHE インフラストラクチャがすでに使用されている地域を示しています。単一コミュニティほど小規模の地域もあれば、州、地域、果ては国単位と大規模に及ぶ地域もあります。総計、3 億人を超える患者の臨床データが IHE に準拠する健康情報交換技術によって円滑にやり取りされています。プロジェクト一覧は こちらでご覧いただけます。


ヘルスケアの未来を共に担う

当社の提携パートナー

メディアパートナー

background image

市場の有望性

健康データへのアクセス、
やり取り、活用を推進

market graphic
background image background image

ご質問、フィードバック、ご意見をお寄せください

ロードマップ

background image

OUR TOKEN

データの力を解き放ち、ヘルスケアの提供方法を激変させる:

  • Grapevine World Tokens(GVINE)は、健康関連のデータ、製品、サービスの支払いに使用できます
  • 患者は、自分の匿名化データの共有に対しインフォームドコンセントを提供する見返りとして、Grapevine Tokens (GVINE)を受領します
  • すべてのトランザクションは、ブロックチェーンでログイン処理され、会計&出所の明示目的で完全な記録が維持されます
  • Grapevine World Tokens(GVINE)は分散化型のイーサリアムベースのブロックチェーンに保管されます
Grapevine

TOKEN
の仕様

Token 名

Grapevine World Token

ティッカーシンボル

GVINE

ブロックチェーントークン規格

ERC20 Ethereum

ICO トークン価格

$ 0.10

ICO

July 6, 2018

ICO ソフトキャップ(必要最小調達額)

$ 4,500.000

ICO ハードキャップ(上限調達額)

USD 30,000,000

ボーナス体系

Bonus Structure

トークン交付

  • List marker トークン売却(報奨金 3% プログラム)
  • List marker 基金準備金
  • List marker コミュニティとパートナーのオンボーディング
  • List marker イノベーション基金
  • List marker チーム

資金の用途

  • List marker ヘルスケアシーンの架け橋となる
    Grapevine の基盤作り
  • List marker マーケティング / 営業
  • List marker 法務 / ファイナンス
  • List marker 業務運営
  • List marker 予備

チームメンバー

  • Martin Tiani

    Martin Tiani

    Chief Executive Officer & Founder

  • Martin Tiani

    Martin Tiani

    Chief Executive Officer & Founder

    Martin has 20+ years of experience in building companies in the space of interoperability and standardized data exchange. Starting his career as a software developer in the radiology domain in 1991, he founded Tiani Spirit in 2004. Martin’s vision is enable citizens around the world to share their personal information based on the standardized IHE methodology. After achieving major progress in the healthcare domain, he is determined to bring advances of standardized interoperability to other verticals like energy, education, the financial industry, e-government, automotive, and more.

  • Jürgen Pricken

    Jürgen Pricken

    Chief Operations Officer & Co-Founder

  • Jürgen Pricken

    Jürgen Pricken

    Chief Operations Officer & Co-Founder

    Jürgen started in PSK Bank, after Vienna Business School. Later he had several occupations, where he collected experience in various companies. He also was active in several leadership positions. Jürgen co-founded a Viennese local guide and a cross media agency before he finally landed at Tiani Medgraph in 2001. There he gained a lot of experience in software testing, documentation, IHE and was a lead of the service-backend management. As a co-founder of Tiani Spirit, he has experience in the field of interoperability. Jürgen was responsible for partner management, marketing over the last years. In recent years, Jürgen has been working as CMO and has a seat in the executive board of Tiani Spirit. Together with Martin Tiani he developed the grapevine concept and co-founded Grapevine World. In addition, Jürgen is still a member of the IHE MarCom and Steering Committee.

  • Wernhard Berger

    Wernhard Berger

    Chief Business Development Officer & Co-Founder

  • Wernhard Berger

    Wernhard Berger

    Chief Business Development Officer & Co-Founder

    Wernhard graduated from Vienna University of Economics and Business and has held multiple roles at start-ups, consultancies and multinational corporations in Vienna, London and Silicon Valley. By establishing a Start-Up Accelerator for Cisco, Intel and Deutsche Telekom, he gained experience working at the intersection of the old and the new economy. Before his role at Grapevine World, he was leading business development and go-to-market for Cisco’s Connected Health Interoperability Platform and Medical Data Exchange Solution, coordinating sales, marketing and product management activities across Europe and the US.

    Wernhard is also a pro-bono consultant for a social enterprise, a reserve officer in the Austrian army and completing his Masters at the University of Cambridge

  • Walter Schleschitz

    Walter Schleschitz

    Chief Marketing Officer & Co-Founder

  • Walter Schleschitz

    Walter Schleschitz

    Chief Marketing Officer & Co-Founder

    Walter graduated from the International School of Economics in Carinthia - specialized in business informatics and marketing. Later, during his studies of Media and Information Management in Vienna, he applied his knowledge at various marketing agencies, starting as team leader, marketing assistant and project manager. After finishing his master thesis, Walter was responsible for developing marketing strategies for several international companies and supervised the implementations on all levels.

  • Massimiliano Masi

    Massimiliano Masi

    Blockchain, Architecture & Security Lead

  • Massimiliano Masi

    Massimiliano Masi

    ICO Architecture & Security Lead

    Massimiliano received his M.Sc. in Computer Science, and his Ph.D. from the University of Florence in Grid Computing (with CERN) and Security and Formal Methods, respectively. He participated in the design and planning of security measures and requirements of several nationwide projects (e.g., Austrian ELGA, eHR.ZA in South Africa, Consent2Share in USA). Massimiliano was the coordinator of the core team of the epSOS.eu Security Expert Group and in the e-SENS.eu architectural board, while coordinating all the national eHealth pilots. Massimiliano has been a member of the OASIS and IEEE, and is also the editor of the IHE ITI profile XCF, and participated in the evaluation of the IHE profiles related to security (e.g., XUA, XUA++, SeR, Access Control White Paper, and ATNA). Massimiliano is acting as consultant for the ENISA, for the EU Commission, and the Austrian Federal Ministry of health. Together with the Hyper e-Health team, he is promoting and implementing blockchain-based initiatives.

  • Abdallah Miladi

    Abdallah Miladi

    Senior Blockchain & Healthcare IT Engineer

  • Abdallah Miladi

    Abdallah Miladi

    Abdallah has 10+ years of experience in the deployment of large-scale healthcare projects.

    After receiving his M.Sc in Computer Science, he worked for IHE-Europe (Integrating the Healthcare Enterprise) for 3 years implementing orchestration and validation tools. He, then, joined Tiani-Spirit where he took over the Enterprise Master Patient Index product development. Abdallah helped integrating the local communities to national infrastructures in Albania, Austria and Switzerland. In the recent years, he is involved in many blockchain initiatives trying to reconcile blockchain with the healthcare data. Another strength of his activity is applying the IHE methodology to other verticals, thus his involvement in the IES project.

  • Martin Rüfenacht

    Martin Rüfenacht

    Community Building Officer

  • Martin Rüfenacht

    Martin Rüfenacht

    Community Building Officer

    Martin has 15+ years of experience in building communities in the space of interoperability and standardized data exchange. Martin’s vision is a connected society, where citizens and patients are able to receive new services and benefits using connected data. With Grapevine World he wants to enable people around the world to access and manage their health information based on global standards and with consent. After achieving major progress in the healthcare domain, he is determined to bring advances of standardized interoperability to other verticals such as energy, education, government, automotive and more.

  • Umberto Cappellini

    Umberto Cappellini

    Interoperability Architect

  • Umberto Cappellini

    Umberto Cappellini

    Interoperability Architect

    Umberto has devoted his career to healthcare interoperability and standards, where he gathered more than 18 years of in-field experience (most recently as Healthcare Software Engineer and Team Lead at Agfa HealthCare). He participated as a technical expert in multiple international healthcare initiatives, IHE Connectathons, committees and standardization groups. In October 2018, Umberto has been elected as co-chair of the IHE IT Infrastructure Technical Committee and is leading the IHE Technical f2f meetings and webinars, as well as engaging with the other committees in the annual IHE process organization. As Grapevine’s Interoperability Architect, he is bridging the gap between requirement analysis and design practice. “I strongly believe that every human being has the right to access adequate healthcare services and with Grapevine we can contribute to deliver better, faster and more efficient treatments”, says Umberto.

  • Felix Biler

    Felix Biler

    Blockchain & Business Analyst

  • Felix Biler

    Felix Biler

    Blockchain & Business Analyst

    Felix has the entrepreneurial spirit. At the age of 18 he founded his first start-up. He participated in several university programs around the globe (Wharton School, Cevro Institute, Kyiv National Economic University, University of Konstanz, City University of London). Besides his main study in London and Konstanz, he was working as Head of IT for a student led consultancy and advised a number of tech start-ups. Moreover, he was involved in creating a new IT environment for a hospital chain. Felix is specialized in classical econometric approaches such as Monte-Carlo simulations and bringing these into Grapevine’s token economics. His main goal is to assure a scalable GVINE Token to create a long-lasting ecosystem and supporting Grapevine World in building a new health economy.

  • Bojana Pavlovic

    Bojana Pavlovic

    Marketing & Project Assistent

  • Bojana Pavlovic

    Bojana Pavlovic

    Prior to joining Grapevine World as a newcomer in December 2017, Bojana gained experience in marketing, PR and project management in various internships. She completed her studies in journalism and communication sciences at the University of Vienna with a focus on public relations and project management. After graduating, she independently managed projects as a PR consultant. Now she is expanding and consolidating her skills in her new position as an assistant in marketing and project management.

ADVISORS

  • Sasha Borovik

    Sasha Borovik

    Blockchain, Legal & Cryptoeconomics Advisor

    Cryptology Asset Group

    Cryptology Asset Group
  • Sasha Borovik

    Sasha Borovik

    Legal & Cryptoeconomics Advisor

    Since graduating from Harvard Law School, Sasha Borovik has been working as an international attorney and entrepreneur in Silicon Valley, Seattle, Washington DC, Munich, Paris and London. As a member of several management teams, including Microsoft, Akamai and Bio-Signal, which he founded with a world-leading brain scientist from NYU, he has been leading companies’ growth strategy across the world. He has handled major technology deals, with organizations such as NATO, UN and the EC. He is currently a legal & cryptoeconomics advisor for Grapevine and is working on several advanced blockchain projects together with Cryptology AG in finance, healthcare, energy and earth observation industries. Sasha is admitted to professional bars in the EU and in the state of New York.

  • Jim St. Clair

    Jim St. Clair

    Blockchain & Interoperability Advisor

    Founder
    Institute of Healthcare FinTech

    Founder <br>Institute of Healthcare FinTech
  • Jim St. Clair

    Jim St. Clair

    Interoperability Advisor, Founder Institute of Healthcare FinTech

    Jim St. Clair is CTO at The Dinocrates Group and leads the Blockchain Advisory Service. He is also the founder of the Institute for Healthcare Financial Technology. With his expertise in Blockchain technology, health fintech, cyber risk and security, an experienced insider takes a seat on the Grapevine Advisory Board. “Dinocrates Blockchain Advisory Services help guide customers through the understanding, application and adoption of Blockchain and Distributed Ledger Technology” says St.Clair. “The strategic partnership with Grapevine will help establish global reach in offering comprehensive technical and strategic solutions”.

  • André Fenton

    André Fenton

    Academic Research Advisor

    Professor of Neural Science New York University

    Professor of Neural Science New York University
  • André Fenton

    André Fenton

    Academic Research Advisor, Professor of Neural Science, New York University

    André is a Professor of Neural Science at New York University. His research focus is molecular, neural, behavioral, and computational aspects of memory. He studies how brains store experiences as memories, and how the expression of knowledge activates information that is relevant without activating what is irrelevant. In an effort to integrate investigations and understanding across levels of biological organization, the Fenton laboratory uses genetic, molecular, electrophysiological, imaging, behavioral, engineering, and theoretical methods to investigate these fundamental and interrelated issues in neuroscience. André and colleagues identified PKMzeta as the first molecule that maintains the persistence of memories in the brain, a discovery recognized by Science Magazine as one of the 10 most important breakthroughs in all of science and technology published in 2006. André founded Bio-Signal Group Corp., which developed and commercialized an FDA-approved portable, wireless, and easy to use platform for obtaining medical quality EEGs anywhere, anytime, and for everyone. It is being used in innovative clinical applications including in emergency medicine, sports, space exploration, and underserved clinics in Africa. André co-hosts NOVA Wonders soon to air on PBS.

  • Peter Pokieser

    Peter Pokieser

    Medical Advisor

    Unified Patient Program Lead Medical University of Vienna

    Unified Patient Program Lead Medical University of Vienna
  • Peter Pokieser

    Peter Pokieser

    Hamling (Owner and Consultant Hamling IT AB)

    Dr. Peter Pokieser manages the Institute of Medical Imaging at Sanatorium Hera and is founder and CEO of Unified Patient Program at the Medical University of Vienna. „The patient-oriented perspective of health professionals, directly to inform, communicate and share education at the point of need, seems to be completely underestimated in current E-Health activities. This has to change as soon as possible“, says Pokieser. He will advise Grapevine based on his medical expertise and knowledge of IT strategies for medical information, communication and learning systems. Pokieser is also adding his far-reaching network to Grapevine World.

  • Fredrik Linden

    Fredrik Linden

    eHealth Advisor

    Hamling (Owner and Consultant Hamling IT AB)

    Hamling (Owner and Consultant Hamling IT AB)
  • Fredrik Linden

    Fredrik Linden

    Hamling (Owner and Consultant Hamling IT AB)

    Fredrik has extensive domestic and international experience in eHealth and the healthcare industry and he has an understanding of its key business drivers. He has a diversity of skills in the eHealth field and recognition as a distinguished international leader in a multidisciplinary environment. He has always been driven by a strong social mission and a desire to improve the efficacy and efficiency of healthcare systems, mainly by improving the eHealth solutions ability to connect scientific research and healthcare delivery for mutual benefit. Fredrik was project coordinator of the European eHealth project epSOS, the forerunner of the current implementation of national contact points for healthcare across Europe.

  • Yagub Rahimov

    Yagub Rahimov

    Blockchain, Media and ICO Advisor

    CEO/Co-Founder 7MARKETZ Group

    CEO/Co-Founder <span class="number">7</span>MARKETZ Group
  • Yagub Rahimov

    Yagub Rahimov

    (CEO/Co-Founder | 7MARKETZ Group) Blockchain, Media and ICO Advisor

    Yagub Rahimov is Co-founder and CEO at 7marketz Group, a leading global FinTech/Blockchain media holding with 17 brands worldwide. 7MARKETZ Group Blockchain Solutions is one of the Top 3 Global ICO makers. The group is the party behind leading brands such as iCoinSummit, iCoinSentiment, AtoZMarkets, GrowthChannel.io, NewsOgram, and a number of other Fintech brands.

    Yagub is a Liberterian with strong vision in decentralized economy. He has been in Bitcoin world since July 2009. He has advised exchanges, trading platforms, regulators, compliance agencies and over 30 ICOs.

  • Petra Wilson

    Petra Wilson

    Data Privacy, Compliance & Governance Advisor

    Managing Director and Co-Founder, Health Connect Partners SPRL

    Managing Director and Co-Founder, Health Connect Partners SPRL
  • Petra Wilson

    Petra Wilson

    Data Privacy, Compliance & Governance Advisor

    Petra Wilson is the Co-Founder and Managing Director of Health Connect Partners. She has over 20 years experience in digital health policy and strategy and is a Certified International Privacy Professional (CIPP/E). Petra’s advisory role at Grapevine focuses primarily on ensuring the compliance with the requirements of the General Data Protection Regulation (GDPR). Petra will draw on her 8 years of experience in the European Commission, where she focused particularly on the data protection in healthcare and the applications of the Data Protection Directive in the eHealth sector. Petra holds a Doctorate in Public Health Law from Oxford University and is proficient in English, German and French. “I am delighted to serve on the Grapevine Advisory Board, and to be part of the exciting initiative which provides a dynamic, secure and exciting model for liberating health data to fuel the change in health systems around the world that are needed so badly”.

  • Michael Bayer

    Michael Bayer

    Corporate Partner Expansion Advisor

  • Michael Bayer

    Michael Bayer

    Corporate Partner Expansion Advisor

    Mr. Bayer brings with him more than two decades of experience in the high-tech industry. His deep understanding of multiple technologies, global markets, large enterprise operations and passion for digital innovation are expected to prove invaluable as Grapevine continues to hone its go-to-market strategy.

    Michael B. Bayer spent the bulk of his career running organizations and operations addressing the needs of multiple complex industries, including Service Providers, BPOs, Governments, Retail, T&L and Financial Services. He has a strong track record in successfully leading global organizations, as well as implementing and operating of large-scale initiatives.

    Most recently Mr. Bayer was Executive Vice President and Executive Director at NCR, in this capacity he was responsible for their global x-industry sales and field marketing forces and had run their Retail Division prior to this assignment. Throughout his career he held different senior positions in tech companies like Cisco, Symbol Technologies and Avaya.

  • Wolfgang Schubert

    Wolfgang Schubert

    Legal Advisor

    Managing Partner BLS Attorneys at Law

    Managing Partner BLS Attorneys at Law
  • Wolfgang Schubert

    Wolfgang Schubert

    ICO Legal Lead

    Being admitted to the Austrian bar since 1993, Wolfgang has gained broad experience in commercial law through his involvement in more than 3,000 court and arbitral proceedings. Exemplary for his highly successful work in litigation, he was mandated in the Kaprun and BAWAG cases, both cases being among the largest ever to go to trial in Austria. Also, during his international activities as advisor for the negotiation and the drafting of numerous large-scale investments and contracts he represented multinational companies, especially in the high technology, IT and Healthcare sector. As highly respected and experienced professional with specific knowledge, he regularly counsels and represents leading companies in innovation and technology.

当社イベント

11月 13 - 15 2018 | Glasgow / Scotland
11月 12 - 15 2018 | Düsseldorf / Germany
10月 30 2018 | Brussels
10月 28 - 30 2018 | Orlando, Florida
10月 10 2018 | Vienna
10月 07 - 11 2018 | Saudi Arabia
10月 03 - 04 2018 | Austria
6月 27 - 28 2018 | Amsterdam
6月 18 - 19 2018 | London, UK
6月 11 - 13 2018 | New York
5月 09 - 10 2018 | Limassol
4月 18 2018 | Hannover
3月 21 - 23 2018 | Leibzig
3月 15 2018 | Blockchain on stage
5月 08 2018 | Vienna
4月 17 - 19 2018 | Berlin
4月 16 - 20 2018 | The Hague
3月 05 - 09 2018 | Las Vegas
2月 26 - 27 2018 | Frankfurt
2月 19 2018 | Frankfurt
1月 29 - 30 2018 | Amsterdam
1月 25 - 26 2018 | London
1月 22 - 23 2018 | San Francisco
1月 15 - 19 2018 | Cleveland

NEWS

よくある質問

  • 会社について

    Grapevine とは何ですか?

    Grapevine World は、ヘルスケアデータを標準化してシームレスにやり取りする分散化型ボーダレスなエコシステムです。データは、「医療連携のための情報統合化(IHE)手法」に従い、やり取りされます。IHE とは、地域や全国的なデータ交換に関する既存の所定標準を表します。

    Grapevine では標準化された健康データを安全かつシームレスにやり取りできます。患者本人が全医療データにアクセスし、インフォームドコンセントに基づき、第三者が匿名化健康データを利用できるようにします。

    Grapevine の仕組みは?

    当社は、分散化されたボーダレスなエコシステムであり、患者から製薬会社、介護事業者、保険者、研究者、技術者まで、健康分野のあらゆる関係者が参加しています。実績ある標準ベースの相互運用性(IHE)と革新的なブロックチェーン技術を組み合わせています。IHE とは、健康データを世界的に最も効率的かつ安全な方法で交換することを意味します。ブロックチェーンは、Grapevine Token の実用性、処理、割当、出所明示機能の自動化のために利用されます。

    ヘルスケアの相互運用性とは何ですか?

    広義には、部門や組織間で双方向のコミュニケーションを図り、必要な臨床患者のデータを正確かつ一貫的に交換するためのヘルスケア情報システムとアプリケーション能力を意味します。相互運用性により、多数の接続アプリケーション、システム、データベースは、交換された情報を統合・利用し、高い価値を患者に提供できます。医師と臨床専門家は、相互運用性により、患者の同意に基づき、その健康情報に、素早くアクセスできます。

    ブロックチェーンを利用する理由は?

    ブロックチェーンは、Grapevine World の参加者が相互にスマートコントラクトを締結するための完全に自動化された分散型システムとなります。このシステムは、設計上、根本的に安全です。ブロックチェーンは、データ交換のインフラストラクチャと参加する以下の誘因を提供します。

    • イーサリアムベースのユーティリティトークン「GVINE」(公開ブロックチェーン):完全に自動化された割当と整合的なインセンティブ体系(Grapevine Token)
    • 変更不能な監査証跡(非公開ブロックチェーン):データの出所明示とトレーサビリティを確保

    Grapevineではブロックチェーンをどのように使用していますか?

    ブロックチェーンは、すべてのトランザクションを追跡し、会計用の恒久的記録とデータの出所に関する検証可能な文書記録を提供する管理機能を果たします。ブロックチェーン自体に、健康データは保存されることはありません。

    Grapevine はどのような現実的な問題を解決するのでしょうか?

    相互運用性の欠如を解消します。病院や医師は、多様な形式でデータを集計するため、診断や処方薬ミスにつながります。たとえば、継続治療、セカンドオピニオン、旅行中といったケースで、必要な医療データにアクセスしたり、共有したりできない弊害があります。ですから、相互運用性の問題解決が、必須条件となります。患者の病歴を完全に理解せずに、適切な対応や治療方針を十分に固めることはできません。

    Grapevine はヘルスケアでのデータフローの分断を解消します。具体的な問題点:

    • 個人に取っての問題は、個人の健康データへのアクセス、概要把握、制御が不十分である点
    • 医療・介護提供者にとっての問題は、患者の病歴が不完全である点
    • 研究者にとっての問題は、健康データにアクセスし、利用する手段が不十分である点
    • 健康制度にとっての問題は、システムの非効率性

    Grapevine Token(GVINE)が必要な理由は?

    Grapevine Tokens(GVINE)は、Grapevine World 内のトランザクションに参加する保有者の権利を表します。Grapevine Token(GRAPE)はデータフローを制御します。単なる見返りだけでなく、システムの各構成要素が動く潤滑剤の役割を果たします。このトークンがなければ、システムは硬直的となります。

    Grapevine World にはさまざまな関係者が多数参加します(患者から、製薬会社、医療・介護提供事業者、保険者、研究者、技術者まで)。シームレスな交流と割当を可能とするために、このトークンが必要です。こうしたプロセスは、スマートコントラクトによってさらに自動化されます。

    Grapevine World に成果物はありますか?

    はい。MVP という Grapevine アプリがあります。このアプリを使うと、個人のあらゆる医療データを大まかに把握し、医師、専門家、保険会社などのヘルスケアエコシステム内の関係者と共有できます。現在のサンプルでは、偽データが使用されています。

    プロトタイプはありますか?

    はい。620 日までに最終化が終了し、利用可能となります。

    Grapevine が App Store で入手できるようになるのはいつですか?

    プロトタイプは ICO 開始の 2018620 日に入手可能になります。

    Github はどこで見ることができますか?

    Grapevine の運営会社は?

    Grapevine は、標準ベースの相互運用性分野を 15 年以上にわたり世界的に牽引している Tiani Spirit 社から進展しました。また、多様な分野と背景を持つ著名な専門家チームがサポートしています。チームについての詳細は、こちらからお読みいただけます。

    Grapevine チームには、ロードマップの目標達成に必要な経験がありますか?

    Grapevine チームとアドバイザーの標準化ヘルスケアデータの交換、ブロックチェーン技術、金融、法務、マーケティン分野での経験を合計すると 100+ 年を超え、目標をすべて達成できると、確信しています。

    「Grapevine」の名前の由来は?

    Grapevine の相互運用性エコシステムは、ヘルスケアにおけるデータサイロを接続し、相互に接続したデータ交換を導くことで、ブドウの木のように Grapevine World へと成長しています。ここでカギを握るのは、「接続」です。

    現実世界での産業に従事していますか?

    当社チームやアドバイザーは、10年以上にわたり、標準化ヘルスケアデータの交換分野に密接に関わり、成功を収める過程で、信頼と協力に基づき強固なパートナー関係を築いてきました。当社の現在のパートナーの一覧は、Web サイトでご覧いただけます。加えて、技術、インフラストラクチャ、健康、製薬業界の著名プレイヤーと協力して、パイロットプログラムやプロトタイプを実行しています。この件については、近日中に発表する予定です….

    Grapevine は医療データを収集していますか?

    いいえ。当社はデータを一切収集していません。Grapevine World はデータフローを円滑化する役割のみ担います。データはその発生源にとどまり、Grapevine によって、各種システム間が接続できるようになります。

    Grapevine はブロックチェーンに医療データを保存しますか?

    Grapevine World のエコシステムでは、医療データはブロックチェーンに一切保存されません。データは常に発生源にとどまります。Grapevine は、実績ある安全なIHE(医療連携のための情報統合化)手法に基づきあらゆる参加者同士でデータを交換できるようにするだけです。IHE は、一連の標準を策定するためにヘルスケア市場の参加者と連携する非営利財団です。

    Grapevine の技術(標準化データ転送)は、ヘルスケアの他の分野/上流・下流に適用できますか?

    True interoperability transcends every border. Leveraging our 100+ years of experience in healthcare technology, we’re committed to elevating other verticals such as energy, publishing, etc.

    真の相互運用性に境界はありません。ヘルスケア技術分野での 100 年を超える経験を活用して、当社はエネルギー、出版などの他の上流/下流分野に適用を拡大することに力を注いでいます。

  • トークン売却について

    米国居住者は参加できますか?

    いいえ。米国から参加できるのは、適格投資家に限られます。
    また、次のエリアの居住者も Grapevine Token の募集にご参加いただけません。あらゆる米国領土、中国本土、イラン、北朝鮮、シリア、スーダン、キューバ、イラク、アフガニスタン、ソマリア、スーダン、リビア、アルジェリア。

    イーサリアムはクラウドセール中、特定価格に固定されますか?

    現時点ではその計画はありませんが、ICO 中に重要な状況が生じた場合、その準備をしておく必要性を認識しています。

    トークンの発行枚数は?

    825,000,000 枚です。トークンの売却と報奨に充てられるのはその 45% です。

    1 ETH または 1 BTC で何枚の Grapevine Token を受け取れますか?

    交換レートに応じて変動します。1 Grapevine Token は USD 0.10 に相当します。

    スマートコントラクトとは何ですか?

    契約の交渉や履行を円滑化、検証または実行するためのコンピュータープロトコルを指します。

    KYC とは何ですか?

    KYC とは、標準的なコンプライアンスプロセスであり、「Know Your Client(お客様の身元確認)」の略語です。

    Grapevine での KYC プロセスは?

    当社では、お客様の氏名、メールアドレス、居住国、身元証明書類の提出をお願いしています。

    KYC 書類を提出せずに、トークンを購入できますか?

    いいえ。

    未売却のトークンはどうなりますか?

    未売却のトークンは消却(無効化)されます。

    自分のトークンをどのように請求しますか?

    クライアントダッシュボードにご自分のウォレットを設ける必要があります。トークンは ICO 完了後にそこに移転されます。自分のウォレットがない場合、ダッシュボードから自動生成ウォレットを使用できます。ICO は 20180815 日に終了する予定です。トークンは ICO 修了後(0820 日) 5日目に交付され、同時に多様な取引所プラットフォームに登録されます。

    Grapevine Token(GVINE)はどのように購入できますか?

    当社 Web サイト(www.grapevineworldtoken.io/)にアクセスし、「Buy Tokens(トークンを購入)」をクリックして、登録します。身元確認(KYC)に問題がなければ、ICO 期間中に BTC か ETH、または法定通貨(USDとEUR)でトークンを購入できます。

    Grapevine Token の売却期間は?

    2018620 日~815 日です。

    最小調達必要額はありますか?

    はい。ソフトキャップはUSD 4,500,000 です。

    最小調達必要額に達しない場合はどうなりますか?

    投資額が全員に返金されます。

    事前販売期間は?

    私募売り出しは現在実施中で、201874 日の ICO 開始日まで続きます。

    Grapevine Token 販売はどのプラットフォームを基盤にしますか?

    ERC20 プロトコルを基盤に発行されます。

    閉鎖(ロック)期間はありますか?

    ICO 中に提供されたボーナスは、6 か月閉鎖(ロック)されます。

    チームの閉鎖期間は、1年(50%)と 2年(50%)の 2 段階あります。

    ETH ウォレットはどのように開設しますか?

    自分のETH ウォレットを、https://www.myetherwallet.com などのウォレット提供業者で登録するか、当社ダッシュボードからの自動生成ウォレットを使用します。

    ICO に参加するための最小投資額(ETH 建て)は?

    最小投資額の定めはありません。

    報奨プログラムはありますか?

    はい。当社の Bitcointalk および Grapevine クライアントダッシュボードで公表されます。

    どの仮想通貨を受け入れていますか?

    イーサリアムとビットコインです。

    法定通貨を受け入れていますか?

    はい。米ドルとユーロを受け入れています。

    拠出額を送金後、自分のトークンをどのように受領しますか?

    トークンは、ダッシュボードに提供されたウォレットアドレスに、ICO 完了後 -5 日目に送信されます。

    ソフトキャップとハードキャップの金額は?

    ソフトキャップは USD 4,500,00、ハードキャップは USD 30,000,000 です。

    ICO の継続期間は?

    ICO は2018 年 6 月 20 日~7 月 20 日の 1 か月間実施されます。

    イーサリアムウォレットのアドレスを複数登録できますか?

    はい。Grapevine Token に複数のイーサリアムアドレスを持つことができます。

    ICO に参加するのにビットコインを使用できますか?

    はい。

    Grapevine Token の交付者は誰ですか?ICO 終了後、どれだけ早くトークンを受け取れますか?

    ICO が終了し、設定したソフトキャップ/ハードキャップに到達した場合、ICO 終了後 5 日で、取引所プラットフォームへの登録と同時にトークンが交付されます。

    ICO 後、Grapevine Token をどのように購入できますか?

    Grapevine 安全を確保済みの多様な取引所に、ICO 完了直後に登録されます。現在、多様な取引所と協議中です。

  • GRAPEVINE TOKEN について

    Grapevine Token は証券、それともユーティリティトークンですか?

    Grapevine Token はユーティリティトークンです。

    Grapevine Token を法定通貨やほかの仮想通貨とどのように交換できますか?

    トークン売却の終了後、多様な取引所で Grapevine Token を交換できます。

    Grapevine Token はどのウォレットを使って受け取れますか?

    ERC20 に準拠するすべてのウォレットを使用できます。ただし、拠出額は取引所のウォレットから送金しないでください。

    Grapevine Token を使って何ができますか?

    Grapevine のエコシステム内の製品やサービスを取得できます(フィットネスアプリから外科手術、専門家の診断、医学的分析まで)。自分の匿名健康データやフィットネスデータを使って臨床試験に参加して、Grapevine Token を獲得することもできます。データの使用には、ケースごとに同意が必要となります。

    Grapevine Token はどの取引所で取引されますか?

    対象となる取引所は複数あり、既に確約を得ているものもあれば、現在協議中のものもあります。a href="https://t.me/GrapevineWorldOfficial">Telegram チャットでの発表をお見逃しなく。

    トークンの安全性はどのように保証されますか?

    Grapevine Token の安全性は、Grapevine の基盤とブロックチェーン技術によって保証されます。ただし、ご自分のウォレットの安全性はお客様の責任となります。Grapevine がお客様の秘密鍵を尋ねることは決してありません。

    自分のトークンを Grapevine のエコシステム外に取り出すことはできますか?

    Grapevine Token は、多様な取引所プラットフォームで、他の仮想通貨を購入するために売却できます。これは、トークン売却の終了後に可能になります。

    Grapevine Token を保有(HOLD)すべき理由は?

    ヘルスケア市場は今後も拡大すると広く認識されていること、当社のアプリが成功を収めていること、Grapevine Token の価値も上昇が見込まれることが主な理由です。ヘルスケア市場の潜在価値は現時点で 54 億ドルと試算されています。2021 年までに、市場の潜在価値は 86 億ドルに、2023 年までには、123 億ドルに増大すると予想されます。


We use cookies on our website. Cookies are used to improve the functionality and use of our internet site, as well as for analytic and advertising purposes. To learn more about cookies, how we use them and how to change your cookie settings find out more here. By continuing to use this site without changing your settings you consent to our use of cookies.
Accept